0−3歳児におすすめのベッドタイム英語絵本5選!!

バイリンガル子育て
スポンサーリンク

0−3歳児におすすめのベッドタイム英語絵本を、カナダで日英仏のトリリンガルの娘ふたりを育てている私が実際に娘たちに読んでいた中から厳選して5冊ご紹介し、0−3歳児に英語絵本を読み聞かせするメリットについてもお話しします。

 

めいちゃん ママ
めいちゃんママ

英語絵本を読んであげたいけど、どれがお勧め?

ゆうくんパパ
ゆうくんパパ

おやすみ前に読むのに最適な英語絵本が知りたいな。

あかちゃん ママ
あかちゃんママ

では、私が実際に英語絵本を読んだ経験に基づいて、おすすめのベッドタイムの英語絵本を紹介しますね!

スポンサーリンク

0−3歳児におすすめのベッドタイム英語絵本

  では、私がさまざま英語絵本を読んだ中から、これはいいと思ったもおすすめの英語絵本を5冊ご紹介します。

Goodnight Moon

  独特な色彩の部屋に色々なものがあり、それぞれに「おやすみなさい」と呼びかけていくのですが、「kittens」「mittens」、「house」「mouse」のように韻を踏んでいて、言葉遊びのようで面白いです。娘は絵の中にそれがどこにいるのか、いつも指をさして楽しんでいました。ゆったりとしたペースで進んでいくので、おやすみ前の読み聞かせに最適な英語絵本です。ボードブックは左右の絵が切れてしまうため、ペーパーバックの方がいいようです。

あかちゃん ママ
あかちゃんママ

娘たちのおやすみ前の読み聞かせ定番の英語絵本で、ボロボロになるまで読んでいました

The Going to Bed Book

  船に乗っている動物たちが寝るまでのルーティーンを描いた英語絵本です。とてもシンプルで短い文章で、「SCRUB SCRUB SCRUB!」や「brush and brush and brush」など、リズミカルで面白い言葉があり、読んでいて楽しいです。絵がとてもコミカルなので、絵のタッチが好きなお子さんが多いように思います。ボードブックなので、小さいお子さんにも安心して扱えます。

あかちゃん ママ
あかちゃんママ

おかしな行動をする動物がいて、それを探して言い合ったりするのも、娘たちは好きでした

Goodnight, Mr Panda

  色々な動物がパンダの元を訪れ、「おやすみ」を言うのですが、「歯磨き忘れてるよ」「お風呂に入るの忘れてるよ」などとパンダが指摘します。ところどころにリマ(ワオキツネザル)が現れ、「僕はやってるよ!」と得意げに話すのが可愛いです。最後のオチにプッと笑ってしまいますよ。個人的には、パンダの表情がお気に入りです。

あかちゃん ママ
あかちゃんママ

こちらの「Mr Panda」はシリーズの英語絵本になっており、娘たちは何冊も持っているほど大好きです。

Goodnight Already!

  眠たいクマと眠りたくないアヒルの攻防戦が面白く描かれた英語絵本です。何度も眠ろうとするたびに「トランプする?」、「映画観たい?」、「スムージー作る?」といった感じでアヒルに邪魔されるクマがなんとも不憫になるのですが、子供は面白がって聞いたり、ツッコミを入れたりと楽しみます。最後のオチは予想がつくものの、面白い展開となっています。コミカルなアヒルの表情とだんだん疲れていくクマの表情を見比べてみてください。

あかちゃん ママ
あかちゃんママ

あまりに興奮しすぎると、逆に眠くなくなってしまうかもしれないので注意が必要です(笑)

Goodnight, Goodnight, Construction Site

  こちらの本は、娘たちの食いつきはあまりよくなかったのですが、男の子たちからは絶大な支持を受けている英語絵本なのでご紹介します。工事現場で色々な車が働いている様子が描かれており、それぞれの車が働き終えて眠りにつきます。車好き、工事現場を見るのが好きな子におすすめの英語絵本です。

あかちゃん ママ
あかちゃんママ

車が大好きなお子さんなら、この英語絵本を通じて英語の車の名前を覚えてしまいそうですよね

はなちゃんママ
はなちゃんママ

0〜3歳児って、まだ日本語すらちゃんと話せないし、英語絵本を読み聞かせるメリットってあるのかしら?

めいちゃんママ
めいちゃんママ

英語学習なら聞き流しや動画、アプリなんかでもいいんじゃない?

あかちゃんママ
あかちゃんママ

ではここで、0〜3歳児の英語絵本の読み聞かせのメリットについてご紹介しますね。

0−3歳児の英語絵本の読み聞かせのメリットって?

  英語絵本の紹介の前に、0ー3歳児における英語絵本の読み聞かせをする上でのメリットをご紹介したいと思います。

親子時間を持つことができる

  夜、ゆっくりと子供と一緒に座って英語絵本を開き、寝る前のひとときを過ごす貴重な時間ですよね。親と一緒にというところが、とても大切なポイントです。こうすることで、子供は親が自分をちゃんと見てくれている、愛されているという安心感を覚えます。

英語に集中しやすい環境になりやすい

  昼間、TVがついていたり、お菓子を食べていたり、誰かがそばにいたり、車の中にいたりすると、なかなか英語の勉強に集中できなかったりします。読み聞かせは大抵ご飯を食べ終え、お風呂に入り、ベッドに入って英語絵本を開くことになります。そうすると妨げるものが少ないため、集中しやすくなります。

英語のリズム感を身に付けさせられる

  特に幼い子向けの英語絵本は韻を踏んでいたり、繰り返しが何度もあったりして、読んでいるとまるで歌っているような気分になる文章が多く見られます。英語は日本語より強弱、速遅が強く、リズム感があるので、そういった英語のリズムを絵本の読み聞かせによって子供に感じさせ、身に付けさせられます。

あかちゃんママ
あかちゃんママ

1日の終わりに親子でスキンシップをはかりながら、素敵なベッドタイムの読み聞かせ時間を過ごしてくださいね。

まとめ

  いかがでしたか?実際に私が読んでみて、いいなと思ったおすすめのベッドタイムの英語絵本を5冊ご紹介しました。気になる本がありましたら、ぜひ手にとって、お子さんとの貴重で優しい時間を過ごしてみてくださいね。

 

 

あかちゃん ママ
あかちゃんママ

英語絵本の読み聞かせは子供の語彙力をあげたり、感情豊かにするためだけではなく、大切な親子のスキンシップの時間でもあります。気持ちをゆったりともって、自分も楽しんで英語絵本の世界を味わってくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました